パソマニのツブヤキ

テレビとパソコンが融合したスマートテレビ

スマートテレビを一言で表すとテレビが進化したデバイスだ。もっとわかりやすく言うとテレビにパソコンの機能が付随したテレビと捉えていただければ良いと思う。スマートテレビは通常のテレビ放送に加えてインターネットに接続することで動画配信サービスを利用できたりアプリをインストしてテレビ単体でゲームができたり、テレビ画面をパソコンのモニターとして使うことができる。

スマートテレビには通常のテレビに小型セットトップBOXをつなぐタイプ、最初からスマートテレビの機能が備わっているディスプレイ一体型がある。例えば小型セットトップBOXを利用したスマートテレビの代表格といえるのがAppleTVである。

AppleTVではApple社が運営しているiTunesStoreに陳列されている動画、映画、音楽などをテレビ画面で楽しむことができる。そして同社が販売しているスマートフォン、タブレットの画面をテレビに映し出すことも可能だ。

そしてもう一つのスマートテレビの代表格であるのがGoogleTVだ。Apple社がビデオオンデマンド中心のコンテンツに対してGoogleTVは同社のOSであるAndroidを搭載したスマホ向けのアプリをテレビ用にカスタムして使えるのが特徴的となっている。そしてWeb検索も行えるのでテレビの大画面で多くの情報を閲覧できるのはありがたい。

日本のスマートテレビは家電メーカーが主導

海外ではGoogle、AppleなどITメーカー主導でスマートテレビが開発されている。しかし日本ではパナソニック、シャープなどがスマートテレビを販売しているケースが多い。

特に日本メーカーのスマートテレビは起業が運営しているオリジナルコンテンツも多彩になっている。

例えばビエラのスマートテレビ機能はビデオ・オン・デマンド、ゲーム、SNS、スマートフォンとの連携などがメインになっている。各メーカーが販売しているスマートテレビには違いや特徴もあるので購入の際は色々と特徴を掴んで自分の欲しい用途が揃っているスマートTVを買うのが後悔しない買い方と言えます。

トップへ戻る

メニュー