パソマニのツブヤキ

アナログ、デジタル信号の違いと特徴

情報を伝える信号を大きく分けるとアナログ信号、デジタル信号と区別することができる。パソコンを利用するにあたりアナログ信号をデジタル信号に変換する必要がある。アナログ信号の特徴は情報が隙間のない連続した波形で表現されている。なので写真など滑らかな輪郭で描けて、音声なら高温から低音まで幅広く豊かな音階を表現できるようになっている。

逆にデジタル信号は指で物を数えるように情報を整理している。デジタル信号の情報整理というのは0、1といった数字で表現がなされている。なのでアナログとは違い画像、音声など滑らかな表現ができない。しかし受け手が人間の場合、識別能力に限界があるとされ、能力以上の高品質は必要ないとされている。

アナログ信号の方が優れているように見えるがデジタル信号は情報を伝えるといった観点でみると非常に優れた信号になる。アナログは連続した波形全てが情報となり正確に伝えるためには送信先で波形形状を正確に再現しないとノイズなどが入り正しく情報を伝達できない。

しかし、デジタル信号は0、1といった2つの状態だけで情報を伝えようとするのでノイズ信号が入っても送信先で簡単にもとに戻せるといったメリットが存在している。

そのためデジタル信号はデータの送受信に向いた信号として採用されている。

簡単にアナログとデジタル信号の違いを表すと…

アナログ信号の特徴は…

デジタル信号の特徴は…

このような特徴や違いがあると簡単に説明ができる。

トップへ戻る

メニュー