パソマニのツブヤキ

デバイスドライバーは大切だぞ

デバイスドライバーというのはパソコンに接続した周辺機器を制御したりカスマイズができる代物になります。簡単に言ってしまうとデバイスのためのソフトウェアです。OSと機器を繋ぐ役割を担っています。

パソコンに接続した機器というのはそれぞれが固有の方法で制御するのが一般的です。デバイスによっては機器を接続しても作動しないケースもあります。そこで機器ごとにデバイスドライバーが用意されています。これを動作して設定することで接続した周辺機器が快適に使えるようになります。

最も使用頻度の高いマウス、キーボードといったデバイスはOSがデバイス・ドライバーをインストールしているので接続しただけで基本的に利用することが可能です。また最近のパソコンは主要なデバイスドライバーは最初から準備されているケースが多いのでヘッドセットなども繋げるだけでしっかりと音楽、音声を出してくれます。

ですがパソコンに接続する機器というのは利用用途にもよりますが非常に多くあります。そのため全てのデバイスを動かせるようにさせるには大変なため一般的に使われるものだけOSにあらかじめインストールされているケースが多いです。

OS側ドライバーで制御できないデバイスについては販売しているメーカーがWeb上、もしくは商品に同梱してドライバーCDなどを付属しているケースが多いです。例えばプリンターなどは製品と同梱されてデバイスドライバーCDROMとして添付されているケースが多いですよね。

そして多くのケースでアップデートがあった時はインターネットを介してグレードアップができるようになっています。

プラグアンドプレイって知っているか?

USBメモリー、ハードディスクなどパソコンに接続するだけですぐに認識されるシステムのことをプラグアンドプレイと呼びます。簡単に言ってしまうとパソコンが自動的にその周辺機器を読み込み利用できるようになる仕組みです。

この仕組みは1995年に発売されたWindows95で初めて実装された機能です。覚えておくと少しパソコンマニアを気取ることができるので豆知識として覚えておいて損はないと思いますよ!

トップへ戻る

メニュー