パソマニのツブヤキ

CPUの役割や構造ってどうなってるの?

CPUといえばパソコンの頭脳とも言われており具体的な役割としては演算器、レジスタ、メモリーの制御回路、クロック回路など多くのバスで構成されています。CPUは別名でプロセッサーと言う呼ばれ方もしています。そしてマイクロプロセッサーと呼ばれる部分もあり、これはプロセッサーの機能を1つの半導体チップにまとめた電子部品のことを指している。

CPUの性能に関しては以前はGHz(ギガヘルツ)と呼ばれる単位で示されていました。今ではただの型番である程度の性能がわかるようになっておりカッコを用いてギガヘルツ単位を示しているケースが多いです。

CPUも多くの種類があります。ですが一般的なパソコンに使われているCPUはIntel社製のタイプが多いです。特に「Core i〇〇」と書かれたものが現在の主流ではないでしょうか。

非常に簡略化してしまうとCPU性能は数字が大きいほど良いと判断して問題ありません。例えばCore i3よりもCore i7の方がCPU性能は高いです。いわゆる上位版といったヤツです。

CPU性能が高いほど高度な処理が高速で可能となります。つまりパソコンの性能を決めるのはCPUといっても過言ではありません。

早いパソコンが欲しいと言った場合にはCPU性能が高いパソコンを選ぶことが重要です。また負荷の高いソフトウェア、ゲームなどは非常に大量のデータ転送をします。この時の情報処理もCPUが行い各パーツに適切な信号を送って処理されます。ですからこういった場合もCPU性能が高いパソコンを選ぶようにしましょう。

トップへ戻る

メニュー