パソマニのツブヤキ

パソコンマニアがパソコンについて語るサイト

パソコンに必要不可欠な記憶装置

パソコンはある程度の容量が限られている。いわゆるハードディスクとか、メモリとかだ。そしてメモリはパソコンの電源を落とせばデータが消えるようになっている。その電源を落とした時でもパソコン上にデータを記憶しておくのがハードディスクとSSDっていう装置になる。

マニアのヤツではハードディスクのことを補助記憶装置なんて呼ぶヤツもいる。メモリはCPUから直接アクセスができるから内部メモリーなんて呼び方もある。変わってハードディスクなどは外部メモリーと呼ばれる場合もある。

これらメモリ、ハードディスクなんて言葉はパソコンを持っている方なら一度は絶対に耳にしたことがあるはずだ。そして外部メモリーは種類が多く色々な利用用途もある。代表的なのが一般的なパソコンに内蔵されていたり、外付けとして利用したりするハードディスクだ。

ハードディスクはデータを大量に記憶する媒体として磁気ディスクといったものが使われている。昔はデータを持ち運ぶ場合はフロッピーディスクだった。

そしてCD、DVDだって記憶装置媒体の一種だ。
ハードディスクのような磁気ディスクに比べて長期保存に向いている。しかもメディア単体で出し入れができるため手軽に大容量のデータ受け渡しが可能。昔はデータの受け渡しはフロッピーディスクを使っていたが今ではCD、DVDをよく活用するようになった。またまたBlu-ray Discだった記憶媒体の一つだ。

でもインターネット普及に伴いクラウドサービスなどWeb上にデータを保管することができるようになってこういった外部の記憶装置の活躍はかなり縮小してきた。今はパソコンによって光学ドライブ非搭載のものも多い。つまりCD、DVD、Blu-rayなどを挿入する入り口がないパソコンが多いのだ。

データ受け渡しはUSBメモリーが主流になった

古くはフロッピーディスク、CD、DVD等が一般的なデータの受け渡しに使われた媒体であったが現在はUSBメモリーといったものが主流になっている。

光学ドライブはパソコンによって有り無しがあるが、USB端子はどのパソコンでもほとんどが付いている。USB端子はマウスと接続したり外部機器との接続に用いる端子の一つだ。そしてUSBメモリは小型でこのUSB端子と接続するだけでハードディスクと同じようなデータの読み書きができる。大きさだってストラップ、キーホルダーのようなサイズで持ち運びもCD、DVDを利用するよりもグッとラクになった。

またUSBメモリの起動には電源を準備する必要がなくデータを取り込みたいパソコンに繋ぐだけだ。

そしてもう一つ主流となっているのがメモリーカードと呼ばれる記憶媒体だ。デジカメ、携帯電話、スマートフォンなどによく利用されており、様々な規格のメモリーカードも登場するようになった。パソコンで利用するには専用のカードリーダーといったものが必要になるのが家電量販店にいけば安価で手に入る。

そして最近ではハードディスクにかわってフラッシュメモリーを搭載したSSDといった記憶媒体もかなり人気、注目を集めている。ちなみにSSDは「solid state drive」の略称である。

このSSDはハードディスクに比べても衝撃に強くデータの読み書きが非常に早い。このメリットは例えばパソコンを起動するときのスピードやパソコンでゲームをやっている時のロード時間などにも大きく影響を与えてくる。Photoshop、Illustratorなんかの起動だって早くなる。

パソコンよってはハードディスク、SSDの両方を搭載したタイプもあり起動を早くしたいようなOS、頻繁に使うソフトなどはSSD側に保存して画像、映像などのデータ容量が比較的、大きなものはハードディスクに保存するなど使い分けている人が多い。

特に今はまだハードディスクに比べてSSDは価格が高い。パソコンの記憶媒体を全てSSDにして1TB、2TBといった大容量にすれば本体価格も高くなってしまうためまだまだ全てのパソコンにSSD搭載といったわけにはいっていない。ただ、技術の進歩によってSSDを生産するスピードが上がったりより簡単に生産できるようになれば価格も安定してハードディスクにうってかわるメイン記憶媒体になることは間違いないだろう。

パソコンの基盤となるマザーボード

パソコンのことを少し勉強すると必ずマザーボードといった言葉を耳にするようになるはずだ。マザーボードを簡単に説明するとパソコンに複数ある電子部品をつなぐための基盤である。そして各種電子パーツを容易に接続できるように複数のスロット(差込口)を搭載している。

では、少し具体的にマザーボードについて説明していく。

パソコンの頭脳となるのが「CPU」と呼ばれるパーツである。このCPUを中心としてパソコンは数々の電子部品と連携してデータの処理をしていく。ただどの電子パーツも電気を通さないと作動がしない。その複数の電子パーツに電気を渡す役割をしているのがマザーボードである。

つまりマザーボードがないと電気を流す回路がないことになるのでCPUと同等程度で大切なパーツであることは容易に理解できるであろう。

マザーボードは絶縁性のある樹脂を塗った基盤に複雑な配線をプリントしてある。そして一枚の基盤のように見えるが実はプリント基板が何枚も重ねられて作られている。電子回路は専門家でないとわかないほどに複雑になっているのが各電子部品を取り付けるスロットは所定の位置に設備されてありCPU、メモリ、ハードディスク、グラフィックボードなど数々の電子部品を容易に着脱できるように開発されている。

だが、スロット、端子はマザーボードにとりつけされているためマザーボードの規格以上の電子部品を取り付けることはできない。例えば話になるがメモリ容量を増やしたいと思った場合、メモリースロットに空きがないと増設ができないことになる。メモリを大容量にしたい場合はメモリースロット数が多いマザーボードを選択しないと増やすことができないので注意が必要だ。これはメモリ以外の電子パーツでも同じ話になる。

マザーボードの重要部品チップセット

マザーボードの中に非常に重要視するべきパーツがあるそれが「チップセット」と呼ばれるパーツだ。

チップセットの役割はマザーボードに搭載されている電子部品同士がどのようにデータ転送をするか、手順、方法を詰め込んだ重要部品になっている。マザーボードの命ともなる部分だ。

マザーボードも多くの性能がありどんなに高性能なパーツが付いていてもマザーボードの性能が低いと最大限にパーツ性能を引き出すことができない。

基本的には値段相応のパソコンには値段相応のマザーボード、チップセットがついているのでインターネット用途にパソコンを使う人にはあまり縁のないパーツかもしれない。

そしてBIOSと呼ばれる半導体チップをセットしたマザーボードもある。BIOSを簡単に説明すると起動時にパソコンがハードディスクがデータを読みにいける状態をまとめたプログラムになっている。

BIOSはROMと呼ばれるパソコンの電源を落としてもデータが消えない半導体チップにBIOSを格納されている。そして起動するとROMに格納されているBIOSを読み込んでパソコンは起動するようになっている。

PCゲームをやるならこだわりたいグラフィックボード

グラフィックボードはCPUから転送されてくる映像、画像データなどを処理してディスプレイに映し出す役割があります。いわゆる拡張ボードの代表的なパーツである。呼び方も様々なりVGA、グラフィックカード、グラボ、ビデオカードなど読み方は色々あるが指す場所は同じである。

最近のパソコンではCPUに最初からグラフィックボードが組まれており新たに増設したり買い換えたりするケースは少ない。だが、パソコンでゲームをやりたい方はこのグラフィックボードにこだわる必要があります。

パソコンのオンラインゲームなどは現在、非常に高いグラフィック処理をしており低性能なグラフィックボードでは転送されてきた映像データを処理することができない。

滑らかに綺麗な映像をディスプレイに映し出すためには相応の高性能なグラフィックボードを搭載したパソコンが必要となる。またCPUも相応の情報処理能力がないと映像以外の部分で処理ができない部分が多い。

そしてグラフィックボードは画像処理を施すプロセッサーである「GPU」ディスプレイに表示する画像を一時保管するビデオメモリー(VRAMとも呼ぶ)パーツがありパソコンに例えるならCPU、メモリーに相当する。

やはり強いPCゲーマーになりたい場合はグラフィックボードにも拘る必要がある。特にPCゲームで人気ジャンルとなっているFPSにおいてはPCの差が実力以上の差に繋がることも少なくない。適したFPS用ゲームPCを揃えてからゲームに挑むことが勝てる秘訣にもなっている!

トップへ戻る

メニュー